日々の情報・ニュース


by wishz7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

容疑者Xの献身 (文春文庫) |東野 圭吾

東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、
大阪府大阪市生野区生まれの日本の小説家。
作家となってからは、著作が増刷されずに終わることも
珍しくないなど、なかなかヒットに恵まれず、
また文学賞も15回も落選するなど、厳しい時代が続いたが、
1996年に『名探偵の掟』で『このミステリーがすごい!1997』
の3位になるなど、にわかに注目を集め、1998年に『秘密』
を刊行すると、一気に大ブレイク。同書は映画化されたほか、
第52回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞する。

東野圭吾のミステリー作品のせかい


容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)

東野 圭吾

文藝春秋 刊

発売日 2008-08-05









●さあ、映画を観よう!! 2008-12-14

この作品は、映画化され、、ロングラン。既に映画を観た者としての感想。



これだけロングランしているのは、今の日本人が求めているのは、日本社会への怒りと絶望、孤独感。それらからの、解放。少しだけでも良い。人間味があり、納得する愛の在り方と信頼。



涙が少しでもにじんでしまう作品である。



ドラマに比べ、最高。福山雅治と柴崎コウのコンビは健在であるがベタベタさせていない。湯川に匹敵する天才数学者白神を登場させたのはまことにツボをを心得ている。ワクワクさせる。



『怪人二十面相と明智小五郎』



『怪盗ルパンとシャーロックホームズ』



それ以上か。







さらに詳しい情報はコチラ≫





[PR]
by wishz7 | 2008-12-15 21:44 | 人気の通販商品